生活保護申請をすることで苦しい生活を立て直すチャンスが生まれる

SITEMAP

生活保護申請をすることで苦しい生活を立て直すチャンスが生まれる

生活保護申請するために知っておきたいこと

悲しむ様子

日本国憲法では、日本国民は健康で文化的な最低限度の生活を保障されています。今現在、元気で働けるひとであっても、なにかの病気、事故などで働くことができなくなることがあります。そして健康を害したことで生活が困窮した場合に、生活保護申請をすることで生活保護費を受給することが可能になります。生活保護申請を行う時には、福祉事務所が窓口になっています。生活保護申請を行う場合には、生活保護を受ける場合条件を自分が満たしているかどうかを確認しておくことは必要です。例えば貯金や保険、不動産などを所有している場合には、生活保護を受ける前に、まずはそれらを生活費にまわさなくてはなりません。例えば自動車を保有している場合は、自動車を売って、生活費に回すなどをしなくてはなりません。また働いている場合であっても、定められた最低生活費に満たない場合であれば生活保護を受給することは可能です。生活保護を申請してから14日から30日の間に、生活保護を受給できるか、できないかという回答を得ることができます。生活保護で受給できる金額は家族構成によって異なります。また都会と田舎では、家賃や物価の差があるため、どこの地域に住んでいるかによって受給できる金額が変わってきます。