横浜にある高須クリニックの評価を知りたい

美容外科の悩みの1つは、無理な要求をしてくる患者さんがいること

考え方が非常に魅力的な人の1人、通ってみたいと考える人が多い美容外科の悩みの1つは、無理な要求をしてくる患者さんがいることできないものはできないと言える決断こそ美容整形外科の医者には必要な事

例えば横浜にある高須クリニック評価を見た場合、良いものが少なくありません。
このクリニックの特徴は、とにかく患者さんの視点で考えてくれるところでしょう。
患者さんが、美容整形をしたいと言う場合であっても、とにかくお金をたくさん出させようとするわけではありません。
世の中の美容クリニックの中には、たくさんのお金を出させようとたくさんの提案をしてきます。
例えば、二重まぶたにしたいと言う患者さんに対してカウンセリングをする場合、二重まぶたも重要だけどもそれ以外の部分もいじったほうがきれいになるなどといい、いくつかの手術を勧めてくるケースもあります。
そうすると、患者さんのほうもはっきりと断ればいいですが、美容整形外科に通い美容整形をしたいと感じている女性は、今よりもきれいになりたいと考え、よりたくさんのお金を使ってしまいがちです。
特に美容整形の中毒者と呼ばれる人もおり、1年間で数百万円のお金を使う人もいる位です。
そのような人ならば、あれこれと言えば全てしたがってお金を出してくれるでしょう。
しかし、高須クリニックでは決してそのような事はしません。
必要な部分だけ美容整形をして、基本的に行かない方針をとっています。
そのため、いくつも手術を勧める事はまずないと考えてようです。
美容外科の悩みの1つは、無理な要求をしてくる患者さんがいることです。
ほとんどの患者さんは、まともな要求をしてきますので、あまり無理な要望を通そうとしません。

高須クリニック“CM”名誉毀損裁判で敗訴https://t.co/Eph5BUzfau
大西健介衆院議員の国会発言「CMも陳腐なものが多く、イエス○○とクリニック名を連呼するだけのCM」が名誉棄損に当たるとして訴えられた裁判。
東京地裁・河井芳光裁判長は「原告の社会的評価を低下させるものではない」 pic.twitter.com/uo40bxuXTw

— もうれつ先生 (@discusao) April 23, 2018