生活保護申請をすることで苦しい生活を立て直すチャンスが生まれる

SITEMAP

生活保護申請をすることで苦しい生活を立て直すチャンスが生まれる

生活保護申請の前にこれだけは知っておこう

歩くシニア夫婦

病気や経営の悪化で生活が苦しいなど困った事態に陥った時、生活保護申請を行い、公的な補助を受けるという方法があります。
まずは、市役所の福祉担当へ行き、相談という形で現在の状況を詳しく説明する必要があります。生活保護申請には様々な条件があり、相談をしながら申請が必要か判断されます。困窮の状態は人それぞれで、生活保護の受給は状況次第ですが、大まかなラインはありますので、相談の前に知っておくと良いでしょう。
まずは、当然ですが収入が多いと受給できません。国が決めた最低生活費より、収入が少ない必要があります。生活保護費は、この最低生活費と現在の収入との差を埋めるものです。
さらに、生活保護は生活費の支給なので、持ち家・車などの資産は原則「処分して生活費にあてること」となります。資産は贅沢品と見なされ、持ったまま生活保護を受給することはできません。ただし、資産価値がないと判断されれば受給できますので、一度査定してもらうといいでしょう。
また、住宅ローンや銀行からの借り入れなど借金の返済に、生活保護費をあてることはできません。借金も資産とみなされるからです。
以上をふまえたうえで、まずは相談してみてください。生活保護申請ができなくても、違う方法が見つかるかもしれません。生活を支える多くの公的な制度があります。

生活保護申請を生活を立てなおすチャンスに活かそう

不測の事態は人生において起きないとは誰にも言い切れません。しかし日本の法律は最低限の文化的な生活を送る事を補償しています。例えば急な解雇や病気で収入が絶たれたりしてしまった場合、生活が立ち行かなくなることがあります。日々の支払いやお子様の進学などは待ってくれません。頼れる親族もなく貯蓄や財産も無い場合、国の生活保護制度を利用するのが良いでしょう。生活保護は申請をしなければなりません。生活保護申請には必要な書類があります。給付される金額は世帯構成や、住む地域によって変わってきます。どのくらいの金額が給付されるかを確認するには、生活保護申請代行サービスが良いでしょう。慣れない申請を信頼できる弁護士や司法書士がサポートしてくれるので、安心して任せられます。ただし申請してから実際に給付されるまではある程度の期間が必要です。生活のめどが立たなくなるかもしれないという段階でも、まずは相談してみるのが良いでしょう。信頼できる生活保護申請代行サービスを探すならお住まいの地域で探すのが良いでしょう。生活保護申請は自分の住む自治体に行う必要があるからです。親身になってくれる専門家に任せて、生活の立て直しを図りましょう。

周りに助けてくれる人が誰も居ない時は早めの生活保護申請を

お金がなくて生活に困ってしまった時、周りに助けてくれる家族や知り合いがいるという方は良いですが、中にはそんな家族や知り合いが誰もいない方もいます。そんなときは、なるべく早めに生活保護申請をして国から支援を受けるのが賢い方法です。生活保護の申請をして、その申請が通れば国から最低限生活するために欠かせないお金をもらうことが出来ます。また、お金を受け取れるだけではなく、生活保護には医療扶助というものがあり、医療費も国が負担をしてくれて少ない自己負担で受けられたりします。

お金がないことには食べるものにも困りますので、そうなる前に、役所の生活福祉課などで相談をして、生活保護申請の準備を始めてみましょう。また、役所の公式HPをチェックすれば、どのような人が生活保護を受け取れて、どのような申請が必要なのかということも分かるので、そちらも合わせて見ておくのがオススメです。もしそこで、自身に受給する資格があると分かったら、そのまま相談をした後に申請をすればよいのです。ちなみに、申請するときに手続きが難しくて、申請をためらってしまう方には生活保護の申請代行業者も使えます。代行業者なら必要な書類の作成や生活保護申請について様々なアドバイスを行ってくれます。

そこで、生活保護申請の代行業者は『生活保護受給者向け住居支援センター』をご確認ください。『生活保護受給者向け住居支援センター』は、生活保護の新規申請も、千人飲ん担当者がサポートしてくれます。また、家賃扶助内の物件を無料でご紹介してくれます。興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。